2004年3月19日、原宿アストロホールにて、
アースパラダイス衝撃のデビュー!!!

 

左からサロナ、うしゅま、BITO 姉ノリコと一緒に。

 

大好きな「寿」のリードヴォーカル、ナビィ

 

2004年、春。。。。

友達でレゲエバンドのTEX&the Sunflower Seedのリードボーカル、助安テツヤが企画した、

A HAPPY SEEDというナイスなお祭り(ロック・コンサート)が原宿のアストロホールで行われた。

テツヤとは、4年前のある祭りで、一緒にボランティアスタッフをやった仲間で、 妙にノリが合ってたんだよね。

テツヤのあの、力抜け切ってて超いーかげんな性格なのに(ゴメン)、

皆をグイグイ引っ張って行く統率力と パワーのすごさは陰ながら尊敬しておりました。

その頃はまだ、TEXはデビュー前だったけれど、2年前にデビューして以来、破竹の勢いで、

インディーズバンドのヒットチャートをかっさらっている大活躍ぶりは、さっすがテツヤ!ってカンジ。

 

この日のイベントの趣旨は、「ハッピーな肯定の種をまこう!!」

今までの平和運動は、ともすれば否定的な所から始まっていることから、どうしてもマイナス要素が強くなってしまう、

だから、まずは肯定すること、YESを言うことから初めてみよう。

一人一人が「ハッピーな肯定の種」を蒔き、そこから咲いた花からまた、新たな「HAPPY SEED」が生まれて行く。。。

この地上に、ハッピーな花をたくさん咲かせよう!

テツヤ率いるTEX&the Sunflower Seedの呼びかけで、

東京を中心に活動する、ジャンルを問わず、ハッピーフィーリングあふれるバンド、ということで、

愛と平和を歌って来た、たくさんの素晴らしいミュージシャンが集まった。


ステージはメインステージと別に、もうひとつ、会場の後方部に、小さなサブステージが設置された。

そのサブステージにアースパラダイスは、テツヤの推薦により、

ただ「グッド・バイブレーション」であるという理由だけで、 出演する事になってしまったのです!

かくして、アースパラダイスは、

友達のミュージシャンであり、長徳寺というお寺のお坊さんでもある大乗さんのギター、

そして、やっぱり友だちで、シンガーソングライターでもある大野サロナと私のバイオリンというユニットで幕を開け、

原宿アストロホールで鮮烈なデビューを飾ったのであります!?

3人とも、アストロホールなどで歌うなんて、初めての試みでしたが、

大乗さんのオリジナルソング「うたかたの夢」と、アメリカンインディアンの歌「クワテ」を、

思いっきりよくロックンロールしちゃって、お客さんもノリノリで楽しんでくれたし、

何より演奏してる3人が一番楽しんだという、幸せなお話。ほんっと、気持ちよかったーーー。

こんな楽しい機会を創ってくれた、テツヤ&TEX&the Sunflower Seedに、感謝です。

いやー、ほんっとに友だちっていいもんですねー。                  LOVE & PEACE

 

 

TEX&the Sunflower Seedのホームページはこちらからどうぞ

http://www.trice.co.jp/tex/